シルクドソレイユ-LOVEについてのご意見・ご感想
(ご投稿頂いた皆様、本当に有難うございます!!)
◆ご覧になったショーのご感想・アドバイスなどお待ちしております!!◆

このショーが良かった!このショーに行く時はここに気をつけた方が良い!などコメントください!一言コメントも大歓迎!

◆『LOVE』◆(1/16/2007・K様)

LOVEシアター入り口&ボックスオフィス 今回の旅行のメイン・イベントは、シルク・ド・ソレイユの“LOVE”観賞。

劇場入口からイギリス一色。 場内スタッフも、ポリス風衣装を着たお姉さんや近衛兵風のお兄さん達で、それだけでワクワクしてしまう。 劇場は、すり鉢上の変形円形劇場(通路が少し不便な作りになっているのと、座席間が狭い)で、ステージはひし形を二つくっつけたような感じ。 それに沿って四方に花道がある。最初は天上から半透明のスクリーンがその花道沿いに下がっている・・・つまり、客席全体を四分割しているので、 後方の席ならまだしも、前方の席だった我々には会場全体を見渡すことが出来ず、いつものようにショー開始前の客席でのパフォーマンスが 自分のセクションでしか見られない。したがって、あちこちで起こる笑い声にも何が起こっているのかが分らず、少々欲求不満気味になった。 LOVEシアター前

ショーは・・・単刀直入に言うなら、シルク・・・ファンには、目新しい出し物や派手なアクロバットの少ない、ダンスを多用したショーで、少々物足りない。 例えば、中心となるのは、エアリアル・コントレーション(天上からリボン等にぶら下がってバランスをとるアクロバット)のバリエーションばかりで、 四方のトランポリンと中央の電話BOXを使った出し物も、“La Nouba”のそれと比べ物にならないほど小規模。 ハーフ・パイプを使ったローラー・ブレードのパフォーマンスが、新しいといえば新しい。 逆に言えば、ビートルズ・ファンにとっては、彼らの楽曲の歌詞や登場人物達が、まるで万華鏡を覗くかのごとく、その音の軌跡を実際に見せてくれる、 幻想的で不思議なショーだともいえる。 つまり、これは、シルク・・・目的ではなく、ビートルズを楽しむ為のショーである。

自分の好きなナンバーが流れるというだけでも、ドキワクものなのに、曲の背景や時代に沿って歌詞の登場人物達が現れるというのは、ビートルズ好きには堪らない。 なにしろ、ペッパー軍曹(勿論、ロンリー・ハート・クラブ・バンドも)にエリーナ・リグビーにマッケンジー神父にジュリア、レディ・マドンナ、 おまけにクロツグミ(Black Bird)まで登場するのである。
文字通り満天のダイアモンドのような星の下、浮かんで飛んでゆくルーシーの、可憐で美しいこと・・・。
一番凄いと思ったのは、客席を含めて劇場全体をショーの一部にしてしまうことだ。 LOVEシアター内 ショー開始前には鬱陶しく感じていたカーテンは開始と同時になくなるのだが、時々下りてきてはスクリーンになり、客席後方のスクリーンと連動してさまざまなCGを映し出す。

時には第二次世界大戦の模様だったり、フラワー・チルドレンとそれを迫害する警官達だったり、突風に煽られた歌詞の嵐だったり・・・。
そして、(恐らく前半分の)観客もショーに巻き込む仕掛け(これが何かは秘密。是非会場でじかに味わってもらいたい)。 音だけでなく自分たちもパフォーマンスの一部を担い、ショーの一部となるという心憎い演出。 あと、画期的なのは、座席の一つ一つにスピーカーが内蔵されて、迫力のサウンドも堪能出来るのである。
(この辺も、オリジナル・バンドの生演奏バックという、いつものシルク・・・のスタイルと全く違う)
最後には“オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ”(全世界同時衛星生放送を思い出した)に乗って降り注ぐ赤い紙テープと紙の花びらは、もう圧巻。 思わず隣の人と手を繋いで合唱(笑)。これだけでも、このショーに来て良かったと思った。
◆LOVE◆(11/5/2006・インディゴ様)
9月末に観てきました。
入り口付近では開場になる前からビートルズの曲が流れ、気分が盛り上がります。
ショーは、コンサートのようにビートルズの曲がずっと流れているので、音楽にノリながらシルクドソレイユのパフォーマンスを楽しめます。 このLOVEを観る2日前に観た「オー」もすごいショーですが、LOVEは本当に楽しいショーなのでオススメです!
◆LOVE観てきました◆(6/4/2006・管理者)
6月2日より1ヶ月間のLOVEプレビューショー(2日目)を観てきましたのでご報告致します。
座席は会場の最後方列(アッパーバルコニー・セクション303・1枚−25%割引き料金:$51.75)で鑑賞。

劇場(会場地図はこちら)
劇場は会場地図をご覧頂くとイメージできると思いますが会場の中心にあり、ステージを包み込む様な座席構成。
会場のセクション100番台(LOWER ORCHESTRA)からセクション200番台(UPPER ORCHESTRA)にかけては緩やかな傾斜がついており、ショーを鑑賞するにはどの位置から観ても十分な距離です。(最前列付近は少し見上げるような感じ・・)
バルコニーセクションとアッパーバルコニーセクション(セクション300番台)はショー会場の天井近くの位置にあり、座席からステージまでの距離が若干遠くに感じて出演者の表情までは観察不可能。(視界が遮られる事はありません)

舞台装置
舞台シーンの移り変りで多少の凹凸などあるが、照明によってメタルのような冷たい床に見えたり、木目のような床に見えたりと照明技術の方がむしろ、印象的だった。

全体的なショーの感想
ビートルズの楽曲とシルクドソレイユ・パフォーマンスが融合した舞台イメージで会場へ行きましたが、かなり、ビートルズ一色という感じでした。 シルクドソレイユショーが得意とするサーカスパフォーマンスはそこそこ控えめでどちらかというとミュージカル的な印象が強かったと思います。 シルクドソレイユのパフォーマンスを観にきているお客さんは少し物足りないのかもしれません。
しかし、ビートルズファンだと思われるお客さん達は次々に流れるビートルズの曲にコンサートの「ノリ」で盛り上がっていましたのでファンにとっては最高の作品だと思います。

現在6月いっぱいまで公演されているショーはあくまでもプレビューショーですので今後、更に調整を重ね、素晴らしい作品に仕上がっていってくれる事を期待しつつ、会場をあとにしました・・・。以上です。
タイトル
(ご覧になられたショーの名前など)
お名前
(ニックネームでもイニシャルでもOKです)
感想・コメント・アドバイスなど
(なんでも結構です!ご意見お待ちしております)


ラスベガス予約.comのトップページへ
ショーコメントのメインページへ